So-net無料ブログ作成

波田陽区 嫁の初美さんとの離婚危機の噂は本当なのか?!


ギター侍として、一躍、有名になった波田陽区さん、

最近は、すっかり見かけなくなりました、、、

一発屋芸人として消えてしまい、Youtuberとして

活動しているようですが、、、2007年に結婚した嫁の初美さんとの

離婚危機が噂されていますが、真相はどうなのでしょうか。






<スポンサードリンク>









波田陽区とは?



波田陽区(はた ようく)さんは芸名で、

本名は、波田晃(はだ あきら)さん。

1975年6月5日生まれ、現在、40歳。

山口県下関市出身

血液型  O型

身長  164cm

ワタナベエンターテインメント所属の芸人


大学卒業後の1998年にデビューし、サッカー選手の名前を

借りてライブ活動(波田ペレ、波田ベッケンバウアー)を行っていました。

見た目の華やかさに欠けることから、芸名を変えていきました。

波田ニューヨーク→波田陽区(はだヨーク)→波田陽区(はたようく)


2004年に”エンタの神様”にて、ギター侍のネタがブレイク、

約1年間は、テレビ番組の出演が続きました。

が、徐々に姿を見なくなり、現在は、、、自宅待機の日々のようです。


波田陽区 嫁の初美さんとは離婚危機?!



波田陽区さんは、2007年に大学時代に知り合った

2歳年上の初美さんと結婚しています。

12年もの純愛を貫いたそうで、一途に想い合いながら

遠距離恋愛にて愛を育んでいたようです。


嫁の初美さんが、見るところ、とても心がキレイで優しい方のようです。

友人ら7~8人で食事に行った時に全力アプローチののち、電話で告白し

交際に至ったようです、


愚痴なども言わない出来た女性のようで、デートはお金の掛からない

公園や池に行っても喜んでくれる人だそうです。

プロポーズにも号泣して”ありがとう”と言ってくれたそうで、

初美さんも波田さんを想っていたのですね、12年もの期間、

待てる人もそうそういないですね、




嫁の初美さんとの離婚危機が耐えないのは何故なんでしょう。

2004年に一気にブレイクし、ピーク時は月収で2800万円も

あったそうです、今は、自宅待機の日々で、決まった仕事はゼロで、

たまに仕事の依頼があるようです、そして、月収が20万円という

噂もありますね。

ブレイクした時の収入を実直に貯金をしていたそうですから、

その貯金を取り崩しながら・・・の生活のようです。

ビークはたったの1年で、この10年間は、目立った活躍もなく、、

これらに尾ヒレがついて、”離婚危機”が囁かれているようですね。


現在のところ、離婚のような話は出ていないようですが、

この生活が続くと危機がでてくるのでしょうか。


これは、私見なりますが、離婚というような結論を出すような

方ではないように思われます、

12年もの間、待っていた女性ですし、収入が少なかった波田さんを

見守り、デートが公園でも喜んでくれる人です。

初美さんも働いて家庭を支えるという発想になるような気がしますね。





<スポンサードリンク>








まとめ



波田陽区さんの嫁との離婚危機は噂だけで、実際のところは

夫婦円満にやっているように感じますね。

久しぶりに波田さんがテレビに出演されます、

しくじり先生にて、自分がいかに”イタイ奴”だったかを語るようです。

ピーク時には、お金があるだけに、いろんな人に奢りまくったりも

あったようですが、人気の陰りと共に皆、離れていったようです。

そして、芸能界の先輩や後輩との交流もなく、寂しい交友関係でも

あるようです、そんなイタイ自分を反省しながら、

いろいろと語るようですので、気になる方は、

11月30日 「しくじり先生」をチェックしてみてください。






<スポンサードリンク>




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。