So-net無料ブログ作成

小番一騎の被害者弁護士 和田正と南部望実とのダブル不倫が正気を超えている!


2015年8月、みなと協和法律事務所に勤務する被害者の弁護士の

和田正さんが、小番一騎(こづかい いっき)容疑者に下腹部に制裁を

受けるという衝撃的な事件が起きました。

当初は、小番容疑者の嫁の南部望実がセクハラを受けたことから

発生したものと思われていましたが、実際のところは、

不倫関係にあったことが公判により判明し、詳細がエグすぎると

話題になっています、おっていきたいと思います。






<スポンサードリンク>








小番一騎 事件発生の経緯



2015年8月13日、みなと協和法律事務所にて発生、

和田正さんにセクハラをされていて、無理やり関係を持ったことが

2度ほどあり悩んでいると、嫁の南部望実さんより相談を受けた

小番一騎容疑者は、事務所にて話し合いをしようと3人で落ち合う。

「嫁が拒めにように無理やり関係をもって、どう責任を取ってくるのか?

謝罪して欲しい」旨を伝えるも、「無理矢理ではなかった」という

返事に、逆上した小番容疑者が5.6発殴っていいですか?

と被害者の和田さんを殴る行動に、、、失神してしまったスキに

その後、正気を失った小番容疑者は持参した枝切バサミにて

和田さんの下腹部を制裁し、トイレに流すという行動に・・・


その後、病院に運ばれた和田さんは命には影響はなかったものの、

下腹部は1cmのみとなり、今でも、痛みを感じることもあり、

夜の営みは当然ながら出来ない状況との事です。


この経緯について、枝切りハサミを持っていた小番容疑者を不思議とも

思わなった嫁の南部望実さん、、、そして、おそろしい行動に出た際にも

止めるなどの行為すらなかったようで、どういう心境だったのか?

非常に興味深いとも感じられます。



小番一騎 嫁の南部望実と被害者弁護士の和田正はタブル不倫で詳細がグロすぎる!



当初は、和田正さんからのセクハラからの関係だったと南部望実さんが

話をしたため、小番一騎容疑者がこういった事件を起こしたとも思われて

いましたが、実際のところは,ダブル不倫ということが判明しました。


およそ半年間で、双方合意のもと、6回の関係をもったとされています。

まず、最初は2014年12月に初めて2人で寿司屋で食事、その後、事務所内で関係を持つ。


年が変わり、関係はヒートアップ、

1月には、ステーキで食事、カラオケ、ホテルへ

2月は、鶏鍋料理で食事後、ホテル

3月は、そば店で食事後、ホテル

5月は、イタリアンで食事、ホテル

7月は、ホタルを見るために高尾山デート、ホテルへ行きブルマと体操着のコスプレ


以上の6回の関係があったということが判明、これらの行為が公判にて

明るみになり、小番容疑者は顔を真っ赤にする場面もあったといいます。

今回の件は、正気ではないと思われますが、根は真面目な人とも感じられます。


嫁の南部望実さんは、2回と偽って相談したようですが、

かなり親密な付き合いをしていたようです。


このダブル不倫が明らかになり、小番容疑者に同情の声すら上がっています。





<スポンサードリンク>








まとめ



小番一騎容疑者の行動は、決して許されるものではありません、

実際に、被害者弁護士の和田正さんは、機能が止まってしまい、

男性としての働きは出来ない状態です。

が、自業自得とも言えます。


そして、小番容疑者の嫁の南部望実さんの嘘から発生した事件ですが、

当の嘘をついた望実さんに”非”はないのか?と

疑義も上がっています。

嘘はついたにしても、実際のところ、被害を及ぼしていなく、

法の下では裁くことが出来ないのかもしれません。


更に公判は続くようですが、一体、どのような結末になるのが

興味深い事件になりそうです。

小番容疑者には、嘘によって翻弄されたことでもあり、

情状酌量の余地があるかもしれません、

もとはといえば、ダブル不倫をした当事者が悪いとも感じます。


この件については、更に追っていきたいとおもます。




<スポンサードリンク>




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。