So-net無料ブログ作成

熊澤正通の小学校はどこ?学校名が判明!男子児童は怯えていた・・・

東京都三鷹市の小学校教師の熊澤正道容疑者の学校はどこなのか?

と気になる人が多いようですね。

男子児童の撮影をしていたということですから、気になるのも当然です。

学校名がついに判明したようです、昔からの趣向だったようです、

熊沢容疑者について、画像を含めて見ていきましょう。




<スポンサードリンク>








熊澤正道の容疑?



熊澤正道容疑者は、2015年5月に、男子児童服を着ていない

状態にてポーズをさせたうえ、カメラで撮影をしていたということです。

撮影に関しては、無理やりに行ったものではないと語っており、

子供を思い通りにできるとも語っているようです。


これからの行為は、熊澤容疑者が行っている”十二色”という課外活動内にて

行われ、活動メンバーは男子児童のみという、一見、異色ともとれる

ものだったという。


被害にあった男子児童が親に相談したことで、警察へ相談した結果、

発覚し今回の逮捕に至ったものです。


熊澤容疑者は、容疑に関しては曖昧な供述を繰り返しており、

認否を明らかにしていないようです。


熊澤正道 小学校はどこ?学校名は?



こんな事をしでかした熊澤正道容疑者の小学校はどこなのか?

気になりますね、学校名が特定されたようです。


元々は、世田谷区の中丸小学校に勤務する教師だったようですが、

2012年頃にに三鷹市に転勤になったそうです。


その学校名とは、、、







三鷹私立東台小学校と特定された模様です。

ここで、4年生の担任をしていたそうです。


この小学校に通う男子児童が被害に遭っていたか?有無は

明らかにされていませんが、気持ち悪いですね。

熊澤容疑者の気になる画像はコチラ↓↓↓





見る限り、ちょっとオタクっぽさを感じ教師には見えにくいです。

髪もロン毛?で、教師としての清潔感というものがありませんね、

申し訳ありませんが。。。


熊澤正道の十二色の活動とは?



熊澤正道容疑者の十二色の活動内容は、一部では、都内生活では

経験できないようなこともできるから、良かったという意見もある一方で、

屋外で水着になって、男子児童に水遊びをさせる光景は、

”気持ち悪い”と敬遠していた人もいたそうです。


熊澤容疑者は、これらの活動内容を"親に話したらダメ”と口止めを

していたようです、口止めする時点で、やましい気持ちがあったのだと

思われ、確信犯と解釈できます。


そして、熊澤容疑者のこれらの活動は、驚くことに最近に始まったものではなく、

2003年頃からとのことです!

つまり、趣向として男子児童に興味があったのでしょう。

当時は”子ども会”という名前で活動していて、各自にアダ名をつけて

遊んでいて、熊澤容疑者も”中将”というアダ名を付けていたようです。


趣向は趣向で仕方ないですが、、、個人が勝手に楽しむことは良いかと

思いますが、リアルにこういった行為を行うのは言語道断です、

しかも、教師といく職業、立場であるにも関わらず、、、残念に感じます。





<スポンサードリンク>








まとめ



熊澤容疑者の勤務する学校名がどこなのか?について、みてみました。

現在のところ、容疑をのらりくらりと供述しているようですが、

自分の思い通りにしたいことや、親には内緒だよ。

なんて言っていた事でも分かるように、完全にクロです。


被害に遭っていた男子児童が勇気を持って、親に相談したことは、

偉いことです。勇気ある児童がいなければ、この行為や止むこともなく

永遠に続いたかとも思われます。


十分に罪を償って頂き、今後、同じ事をしないように監視してもらいたいですね、

こう行為をした人に対しての処置が日本はまだまだ・・・ですね。

今後の検討課題にして欲しいとも思います。




<スポンサードリンク>




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。